REPAIR

Classical Guitar Maker

26-29 07 ギター健康診断・修理 26-29 07


雑音や音のつまりがあるが我慢している方、

古いギターなど、全体を見たうえで故障があればお見積りを作成し、

ご納得いただいた場合修理を致します。

※鉄弦のギターには対応しておりません


 修理例

 

ヘッドの軸穴縮小修理

ホセ・ヤコピ(Jose Yacopi) 1973     ホセ ヤコピはアルゼンチンの製作家で特徴的な糸巻きを使用しています。       ヘッドの軸穴の径が軸に比べ大きすぎて、ギヤへの負担が大きくな…
続きを読む

ブリッジ浮き修理

マヌエル・コントレラス Manuel G. Contreras 1969     これはかなり特殊な例ですが、ブリッジが浮いて複雑に割れているように見えます。にかわを流し込みプレスできないほど大きく開いています…
続きを読む

ギター修理 ハーモニックバー割れ

Takamine 1981年製         ごめんください サウンドホール下のバーが割れたようですが。                  そうですか。見たと…
続きを読む

ギター修理 ネック折れ

複雑に割れてます。         低音側 割れの角度がヘッド上面から垂直に近いので、そのまま接着しても強度に不安があります。         高音側…
続きを読む

キズ直し

キズ直し (Saburo Nogami 1998) 大きめのキズはギターの寿命を縮めるので早めの修理をおすすめします。 写真は表板下部の高音側にあるキズです。     このキズにシェラックと少量の石の粉を混ぜた…
続きを読む


 

ギター健康診断までの流れ

・ギター健康診断・修理のご申請
このページ下部のフォームにご入力ください。 ギター健康診断は有料(2,500円税抜)です。 全体を直接見て雑音、故障の有無を詳細に調べます。

修理中の貸しギターご希望の方はお知らせください。(弦の代金2,000円のみかかります)

・ご発送
緩衝材(プチプチ)等にケースを包み送付してください。

もし緩衝材がない場合、ケース保護カバーを送付(無料レンタル)します。 ※ハードケース、セミハードケースのみ受け付けます。

ギターとケースの隙間があれば布や新聞紙などを詰め、ケースにカバーを装着し、当工房へ送付してください。(宅急便など)送料ご負担お願いいいたします。

・診断
診断後、お見積りと写真を添付ファイル(PDF)で送りますので、ご納得いただいた場合修理を進めます。

※オリジナルの状態を損なわないよう最低限の修理をします。小キズなど審美的な補修見積もりはしません。

・修理
少しでも良い音が戻るよう全力を尽くします。

・返送
修理後、ケース保護の緩衝材(プチプチ)に包み送付いたします。(返送料は当工房が負担します)

・到着、お支払い
到着後、1週以内に振り込みにて修理費+診断料+税のお支払いをお願いいたします。

 


ギター健康診断申請フォーム

工房での直接受け渡しの方 診断料無料サービス中

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    本文   ギターの状態、ご住所・電話番号を記載ください。

    この内容でよろしければ、チェックして送信してください
    いただいた個人情報は発送以外に使用しません。

    05130002